弦楽部が合同オーケストラに参加

 第37回全国高等学校総合文化祭 長崎大会

平成25年8月3日(土)〜4日(日)に長崎ブリックホールにて 第37回全国高等学校総合文化祭 長崎大会(器楽・管弦楽部門)が開催され、 本校弦楽部2年生7名が神奈川県高校合同ストリングオーケストラの一員として 演奏を披露しました。

神奈川県高校合同ストリングオーケストラは県内の公私12校、63名で編成され、 昨年11月のオーディションを経て、4月から約5カ月間練習を重ねてきました。 曲目はモーツァルトの「ディベルティメント K.136より 第2楽章」と グリーグの「ホルベルク組曲より 第1・3楽章」で、大会2日目午前中に演奏し、 神奈川県の高校生がひとつになった音をホールに響かせていました。
他校の弦楽部・室内楽部と交流し一緒に演奏することができ、 また他県のオーケストラの演奏を聴ける貴重な機会であり、 生徒にとって良い経験となったことでしょう。

長崎ブリックホールステージ
長崎に響く神奈川の音色
ヴァイオリン
ヴァイオリンパートには4人
ヴィオラ・チェロ・コントラバス
中低弦には3人が参加
記念撮影(全員)
全員で記念撮影
記念撮影(光陵)
光陵高校の7人と顧問
平和公園
午後には平和公園にも
前日練習
長崎の体育館での前日練習
宿での夕食
夕食の際に自己紹介
新横浜にて
長崎遠征お疲れ様でした!