継続は力なり 〜 空手からボクシングへ 〜

今年度、ボクシングインターハイ予選ベスト4の成績をあげた2年貫洞さんに、お話を伺いました。

ボクシングを始めたきっかけについて、聞かせてください。

ボクシングは、高校受験が終わった段階で、ジムに入りました。幼稚園の頃から空手を続けてきて、中学3年生のときに、ずっと目標にしていた国際大会で優勝することができました。新たな挑戦として、以前から興味のあったボクシングに高校ではチャレンジしようと思いました。

高校入学とほぼ同時に始めたのですね。では、空手についてから聞かせてください。

幼稚園の頃に、両親が何か習わせたいと、柔道とか、少林寺とか、空手とか体験をしたのですが、その中で、自分は空手を選びました。

空手の魅力はどんなところにありますか。

サッカーや野球などのようにチーム戦にあこがれている面はあるんですが、でも、一人だから、責任は自分で負うんですけれど、自分で練習した成果が試合で出せることができます。また、武道なので、礼儀などもしっかりと学ぶことができます。

空手をやってきたことで、自分が成長したと感じることはありますか。

はい、あります。小学5年生のときに、関東大会で初めて優勝し、以来3連覇したのですが、でもその前までは、先生や空手の師範に、けっこう期待されていても、なかなか成果がだせなかったのですが、でもその中でがんばって、継続して練習することで、結果につなげることができました。「継続は力なり」です。

国際大会優勝の話を聞かせてください。

国際青少年極真空手道選手権という大会が東京で開催されました。それに向けてずーっと練習を続けてきましたが、最初は実感がわきませんでした。そのときに、苦しいことはあっても、続けてきて良かったと思いました。

その後、ボクシングに挑戦しようと思ったわけですね。

空手では、横浜市長のところに表敬訪問をしたり、表彰されたりして、一区切りという感じでした。空手を続けようという気持ちもあったのですが、友人がやっているボクシングにも興味があり、空手の経験が生きるかなと思って、ボクシングにチャレンジしてみようと思いました。

ボクシングを始めてみてどうでしたか。

ボクシングを始めてみると、思った以上に違いがあって、ちょっと甘かったかなと今は感じています。空手では直線に突くんですが、それとボクシングのストレートは、フォームがまるっきり違うんです。突きには自信を持っていたんですが、そこを1から変えていくのは、大変でした。次の大会に備えて、他のジムに行って、いろいろな戦い方のスタイルを練習したりして、がんばっていこうと思っています。

ボクシングのおもしろさはどんなところですか。

自分は、空手からやってきたので、パンチの威力が強いということ、足の動きが、ずっとボクシングをやってきた人には想像がつかないようなところがあって、相手がついてこられないようなところもあって、それは自分の強みだなと思っています。

武道で培った精神的な強さというのも活きるように思います。この後の目標を聞かせてください。

そうですね。次の大会が10月頃にあるのですが、神奈川予選で優勝をめざしたいです。さらに全国大会でも活躍できたらと思います。

4年後には、東京オリンピックもありますからね。今後の活躍を期待しています。ところで、光陵高校に入学しようと思ったきっかけはなんですか。

学校説明会などで、先輩たちが、勉強と部活動とを両立していることや雰囲気がいいなと思いました。

入学してみて、どうですか。

勉強は大変です。でも、まわりの人たちは、メリハリがあって、ちゃんとやっているので、自分もがんばらなくちゃと思います。
また、生徒どうしは、お互いに尊重しあっている、長所を認め合っているって感じです。

今日はどうもありがとうございました。これからも、怪我や故障のないように気をつけて、活躍を願っています。