教育方針 

・豊かな教養と徳性の涵養につとめ、心身ともにねばり強い青年を育成する。
・基礎学力を充実するとともに、生徒一人一人の可能性を最大限のばすよう努力する。
・自主的にして積極的な学習態度を養う。
・誠実にして責任を重んじ、心ゆたかな人格を育成する。
・健康と安全の教育の徹底を期する。


 教育活動 

<< 幅広い学びを目指すカリキュラム構成 >>
本校では、偏ることのない、幅広い学力を身につけることを目指しています。1、2年次には基礎的な教科について全員が学び、3年次より進路に応じた多様な選択ができるようなカリキュラムを編成しています。
<< 進路を考える多様な試み >>
本校では、大学の出張授業を実施しています。大学の先生方に光陵高校へ出向いていただき、分野別に模擬授業を展開しています。また大学生による進路懇談会や卒業生によるキャリアガイダンスも実施し、大学や将来のことについて考える機会を設けています。
<< 多彩な学校行事 >>
体育祭(5月)、光陵祭(9月)、学校音楽祭(2月)の生徒会三大行事は、生徒の実行委員会を中心に自主的に運営されています。夏休み前と後期の終わりには体育委員会の主催でクラス対抗の球技大会が行われます。
<< 高い部活動加入率 >>
光陵生といっても勉強ばかりしているわけではありません。全校生徒の運動部加入率は60%を超え、文化部を含めた総加入率はとても高いものとなっています。各部が限られた時間とスペースを有効に使って熱心に活動をしています。
<< 特色ある修学旅行 >>
本校の修学旅行は「観光旅行」ではありません。2年生の秋に実施される修学旅行は、数名のグループ単位で自主的な研究活動を行います。事前研究を重ね、現地では班ごとのフィールドワークを実践します。


 平成27年度学校目標 

1 (教育課程)
横浜国立大学教育学部及び附属横浜中学校との連携を発展・深化させる。研究開発学校として新しい教育課程や指導方法の開発に継続的に取り組み、生徒の論理的思考力とコミュニケーション能力の育成・定着を図り、幅広い能力(「リテラシー」)・学力の習得をめざす。
2 (生徒指導・生徒支援)
これからの社会をよりよく生きるための幅広い能力(「リテラシー」)の育成を図ることにより、豊かな人間性や社会性を伸ばし、生徒の自己理解と自己成長に向けた指導・支援に取り組む。
3 (学習指導・授業改善)
学力向上進学重点校として、幅広い学力の習得を図りながら、生徒一人ひとりの進学目標に向けた高い学力の習得と定着を図る指導実践を行うとともに、計画的・組織的な授業改善に向けた校内研修をさらに充実させる。
4 (キャリア教育)
キャリア教育をさらに充実させ、卒業までの見通しをもったキャリアガイダンスの取組みを計画的・組織的にすすめ、生徒一人ひとりの進路実現に向けた取組みを実践する。
5 (地域等連携)
地域との交流・協働・連携をさらに深めるとともに、生徒の地域貢献・ボランティア活動を一層推進する。さらに、部活動や委員会活動・学校行事を通じて、生徒の自主的な活動を発展させる。
6 (学校運営・学校管理)
生徒の学びを支える、学校防災力を高め、安全・安心な学習環境の整備・充実に努める。また、職員の事故・不祥事の防止を徹底し、信頼される学校づくりを推進する。創立50周年にあたり、さらに伝統ある学校づくりを推進する。

 

↑ページの先頭へ戻る