キャリア教育について

すべての県立高において、生徒一人ひとりが一生をと通した自己の生き方、あり方について考え、勤労観、職業観を身につけることを目指した「キャリア教育」の取り組みが、進められています。本校においても、神奈川県教育委員会の「特色ある県立高校づくり推進事業、キャリア教育拠点校」としての指定を受け、さまざまな取り組みを行ってきました。 かながわキャリア教育プランを踏まえ、生徒一人ひとりが一生を通した自己の生き方、あり方について考え、勤労観、職業感を身につけることができるを念頭に、全ての教育活動を捉え直し、本校の「キャリア教育プログラム」に沿った教育活動をします。
平成23年度は具体的な取組みとして次のものを実践しました。

1.キャリアガイダンス
 << 大学出張授業 >>
大学から講師を招き、大学の学部・学科についての理解を深め、自己の進路決定につなげます。内容は、高校生に理解できる程度の、各分野の基礎的なものです。
 << 大学生による進路懇談会 >>
本校卒業生(大学生)から、自己経験に基づく受験に際してのアドバイス等の大学入試に関する話や、キャリア的視点(人生の重要な一部として職業選択に向けてどのように考え行動していくべきかという観点)に立って話をしてもらうことにより、生徒個々の将来へ向けての自己実現への手助けをすることを目的とします。
 << 卒業生によるキャリアガイダンス >>
キャリア教育の一環として、現在、社会のさまざな分野で活躍する本校卒業生の方に勤労観、職業観、経験されてきたお仕事や若い日の進路選択について、今の光陵生に語っていただくことを目的として、キャリアガイダンスを実施しました。

2.ボランティア活動
 << 読み聞かせ >>
光陵高校ではキャリア教育の一環としてボランティア活動を推進しています。その試みのひとつとして権太坂小学校における児童への読み聞かせボランティアを実施しました。
 << 地域貢献 >>
地域と連携した活動を通じて、社会貢献の役割を理解させるとともに、生徒各自の能力により社会貢献を果たすという大切さを学ぶことにより、その実践的態度を育むことを目的とした地域貢献活動(地域清掃作業)を実施しました。

3.保土ケ谷養護学校との交流
本校では隣接した保土ケ谷養護学校とのさまざまな交流を行っています。キャリア教育の視点から、日ごろ、学校の近くやバス通学などで見かける養護学校の生徒との交流を通してコミュニケーションを深めるなかで、積極的に社会参加し、貢献する態度を育成することをねらいとします。
 << 一年生全員の交流授業 >>
 << 体育の授業でのスポーツ交流 >>
 << 吹奏学部による交流演奏会 >>


ガイダンス ガイダンス ガイダンス


                                                 

↑ページの先頭へ戻る